23歳童貞だけどテレセで童貞卒業した話2

 サービスサイトを介して連絡をもらった瞬間、僕の心はふたつの意味で飛び跳ねました。ひとつは、やった!!という純粋な喜び。もうひとつは、童貞でも大丈夫だろうか?という不安です。
 しかし、せっかくお声掛けしてもらったのです。相手の好意を無下には出来ません。悩んだ末に、僕はメールの中で童貞であることを明かし、またテレセ自体も初めての経験であることを伝えました。
 返信は、すぐに来ました。「心配しなくても大丈夫!はじめは、誰でも初心者なんだから。私もそれほど上手いほうではないけど・・・楽しんでもらえるように頑張りますね」・・・なんと心強い返信でしょう。
 そうして、テレセ当日。僕は緊張のあまり、何度も上ずった声を出してしまいました。しかし女性は、そんな僕を馬鹿にすることなく優しく話しかけてくれたんです。
「緊張しなくても大丈夫だよ。だって、私たちの会話を聞いている人は、誰もいないんだもの」
 すると、電話の向こうから布が擦れる音が聞こえて来ました。「いまね、服を脱いでいるの・・・。ほら、もう下着一枚になっちゃった」「今日は、あなたとテレセをするためにお洒落をしたのよ?真っ赤なレースがいっぱいのショーツ、見せたいな」童貞の僕には、あまりにも刺激的な会話です。
 そして、女性はこう続けました。「いま・・・あなたのことを考えながら、胸を揉んでいるの」こうして、僕のテレセ初体験はどんどん進行していきました。

23歳童貞だけどテレセで童貞卒業した話3

途中からは、二人とも電話をスピーカーモードにして楽しみました。これなら、両手が使えますからね。向こうからは、布が擦れる音と熱い吐息がこもった声が聞こえて来ます。
 ここまで来ると、僕の緊張は殆ど解けていました。そうすると不思議なもので、女性にあれこれ聞いてみたい・僕の要求を受け入れてほしいという欲求が湧いてきて・・・気付いた時には「下のほうも触ってください」とお願いしていました。
 女性は躊躇することなく「いいよ」と答えてくれました。そして「いまね・・・ショーツごしに割れ目をなぞっているの・・・」と。これだけでも堪りませんが、僕はさらに我儘を言いました。「直接、触って音を聞かせて下さい」と。
 程なくして、ぬちゃぬちゃというか、びちゃびちゃというか、粘着質な音が向こう側から聞こえて来ました。もちろん、僕のあそこは素直すぎる反応をして、痛いほどに腫れあがり・・・「興奮しすぎて、痛いくらいに腫れちゃいました」と伝えると、女性はなんだか嬉しそうな声で応えてくれました。
 そのまま暫くは、お互いの状況を交互に報告しました。しかし、興奮が増すにつれて言葉はどんどん消えていき・・・最後のほうは、お互いに喘ぎ声しか出ませんでした。
 テレセでこれだけの興奮が得られるなら、実際のセックスはどれほど凄いのか・・・僕は未知への好奇心と少しの空しさを感じつつ、自分の手で果てました。

23歳童貞だけどテレセで童貞卒業した話4

 自分の手で情けなく果ててしまった僕ですが、女性はまだ刺激が足りないようで・・・僕は再び反り上がったものを扱き、再び意識を快楽だけに集中させました。
 程なくして電話の向こうから、かつてないほどいやらしいひと声が聞こえて来ました。そして、女性はか細い声で「いっちゃった・・・」と。その一言が、童貞の僕にはすごく嬉しかったです。テレセという疑似セックスながら、ひとりの女性を満足させることが出来たのですから!
 通常、テレセは行為が済んだら切断が基本らしいのですが、僕と女性は暫く世間話も楽しみました。すると、意外と近くに住んでいることが判明し、実際に会わないかという話になったのです。
「私、アラフォー近い年齢だけど・・・それでもいいなら、本当のセックスもしてみない?」
 僕の返答は速攻でした。年齢差は、僕にとってどうでも良いことだったので。だって、電話越しの女性はとても若々しい声で、積極的で、エッチで・・・「実際に会いたい!触りたい!触ってほしい!」という気持ちでいっぱいでした。
 そうして実際に会い、セックスを楽しんだのが一昨日の話です。女性は、声と同様に外見も若々しく、テレセで感じたイメージ通りの人でした。既婚者という点だけは引っかかりますが・・・何はともあれ、美味しい思いが出来たので良しとします。
 僕と同じように、童貞であることに悩む人は是非テレセに挑戦しましょう!風俗より敷居が低く、且つ実際にセックスできる可能性も十分にありますよ!

テレセが秘める出会いの可能性

 インターネットを活用すれば、誰も簡単にテレフォンセックス(通称テレセ)の相手を得ることが出来ます。また便利なアプリやツールを活用することで、気になる通話料を節約することも可能です。
 さらに、実際の出会いを探している人にもテレセはおすすめです。
 リアルタイムで交流できるテレセは、出会い系サイトで一般とされるメール交流よりも意思疎通が容易であり、時間・手間ともに僅かで済みます。また、疑似的とはいえセックスを行うことで親近感が生まれるため、軽い調子で「会ってもいいや」と応じてくれる人も珍しくありません。
 当然ながら、必ずしも実際の出会いを望めるわけではありません。テレセのみを目的とする相手は落としにくい上に警戒心が強いため、そうであったなら話題を控えましょう。有料のサービスサイトを利用している場合は尚、そうして下さい。迷惑会員として通報・退会させられる可能性もあるためです。
 しかし、出会い系サイトやセフレサイト以上の確率で、実際の出会いを望めることは確かです。もし、あなたがそれを望むのであれば、早急に勝負を掛けるような真似はせず、慎重に距離を詰めることをおすすめします。
 相手に警戒心を与えさえしなければ、交流は円滑に進みます。そこから、徐々に誘導して実際の出会いへと持っていきましょう。つまるところ、テレセを活用する場合も“遠回りが一番の近道”というわけです。

テレセで手軽に性欲発散

 自慰でも、性欲を満たすことは可能です。しかし、繰り返し行う自慰にマンネリを感じ、思うように快楽を得られずにいる人も多いのではないでしょうか。そのような場合には、是非ともテレフォンセックスをお試しください。
 テレフォンセックスとは、電話を活用した疑似セックスをいいます。昨今はテレセの通称で広まっており、電話一本で楽しめる手軽さから若い世代にも人気です。
 相手探しに手間を掛けたくない場合は、テレセ専用のウェブサービスを活用しましょう。指定番号にコールすれば、自動でマッチングしてくれます。もちろん、チェンジも可能です。しかし通話料とは別にサービス利用料が発生するため、使い過ぎには注意して下さい。
 逆に、手間を掛けてでも料金を節約したい場合には、大手掲示板をはじめテレセ利用者が集う場所で相手を募集しましょう。必ず返信が貰えるとは限らず、且つ冷やかし目的の相手を引き当ててしまうこともありますが、この方法であれば通話料だけでテレセを楽しむことが出来ます。
 通話料すら節約したい場合には、スカイプを利用できる相手を探してください。スカイプであれば、インターネット通信費のみでテレセを楽しめます。
 いずれにせよテレセ最大のメリットは、匿名で利用ができることです。どのような性癖を暴露しても、相手はあなたのことを知りません。つまりテレセは、社会的な地位を守りつつ性のすべてを解放することが出来る、素晴らしい遊びなのです。
 興味がある人は、ぜひ挑戦してください。きっと、忘れられないほど良い経験を得られますよ。

テレセの後にホテルでも楽しんだ話

 出会い系サイトやセフレサイトの代わりに、テレフォンセックス(通称テレセ)を活用して出会いを探す人が増えています。
 僕は、そうした人ではありませんが・・・テレセが切っ掛けでホテルへ行ったことは、何度かありますね。自覚はないんですが、僕は言葉攻めが絶妙らしくて・・・よく、テレセ相手の女性から「実際のセックスでもソレ(言葉攻め)をやってほしい」とお願いされるんです。
 余談ですが、僕は苦学生で・・・生活は常にカツカ、テレセも無料掲示板+無料通話アプリを活用しています。つまるところ、そう頻繁にホテルへ行くことが出来ないんですね。それでも、はじめは率先して負担していましたよ。だって、男なら女性の前で格好つけたいじゃないですか!
 でも、ある女性は僕の井出達から経済状況を一目で見抜き・・・ホテル代を負担してくれただけでなく、お礼と称して3万円のお小遣いを渡してくれました。「楽しませてくれたから、これくらいはさせてね」と。その女性とはこれっきりでしたが、世の中には優しい人がいるものだと妙に感心したものです。
 しかし、これは非常に稀なケースだと思うので、金銭的な援助(逆援助交際でしたっけ?)を期待してテレセをするのは止めたほうがいいと思います。テレセにはサクラが存在しませんが、どうも美人局は存在するらしいですよ。
 テレセの素晴らしいところは、工夫すれば費用0円で楽しめるところです。その分だけ手間は増えますが、苦学生の僕には良い息抜きになっています。気になる男性諸君は、ぜひ一度お試しください。

テレセはドM女性の巣窟

 テレフォンセックス(通称テレセ)を利用している女性の多くは、M属性です。それも“ド”がつくレベルです。
 S属性の男性には嬉しい限りの状況ですが、M属性の男性にとってはマッチングの弊害になるかもしれません。しかし、嘆くことはありません。Mの中に真性のSを秘める女性も多いため、運が良ければ至高の女王様と出会える可能性もあります。それも、まだ誰も存在を知らない、あなただけが知る特別な女王様です。
 テレセは、インターネットサイトのメンテナンス時間を除き、いつでも好きなタイミングで利用することが出来ます。しかし、時間帯により会員層が異なるため注意が必要です。
 早朝は夜勤明けの女性が、日中はひとり家で過ごしている専業主婦が、夜間は仕事終わりのOLが中心に利用しているため、ターゲットが決まっているなら特定の時間帯を狙いましょう。
 言わずもがな、テレセは雰囲気が重要です。もし、同居人がいるなど自宅にそうした要素を求められない場合は、ビジネスホテルなどを利用するのも一つの手です。また必要に応じて、玩具や衣装を用意すると楽しみが増します。
 運良く気の合う相手が見つかった場合は、それとなく連絡先を聞き出してみましょう。昨今はアドレス交換に抵抗を持たない会員が多いため、得られる可能性は十分にあります。そこから実際の出会いに繋がるケースも多いため、気があれば時間を投資して交流してみましょう。

テレセは疑似セックスである

 テレフォンセックス(通称テレセ)は、電話越しにいやらしい会話を楽しむサービスです。昨今は専用のインターネットサイトが登場しており、会員登録を行えば、誰でも簡単に相手を探すことが可能です。
 利用に必要なものは、電話のみです。ライブ映像(見せ合い)を楽しみたい場合は、テレビ電話機能を持つ端末やウェブカメラが必要になりますが、基本的に電話さえあれば事足ります。
 利用するタイミングは、会員次第です。インターネットサイトのメンテナンス時間を除き、いつでも好きなタイミングでテレセを楽しむことが出来ます。
 趣向が一致しない相手と繋がってしまっても、心配はいりません。必要な操作を行えば、マッチングをやり直すことが出来ます。もし、相手に切断されてしまっても落ち込むことはありません。お互いに一致しなかったと受け流し、次の相手を待ちましょう。
 無事に相手が見つかったら、雑談や自己紹介から入ることをおすすめします。開口一番、いやらしいトークを始めても相手は乗ってくれません。テレセという疑似セックスは、雰囲気が最重要です。つまるところ、流れは通常のセックスと大差ありません。
 テレセを楽しみたいが不安が大きい場合には、上級者を狙って手ほどきを受けましょう。初心者であることを伝え、素直に教えを乞えば、優しく手ほどきを受けられます。
 なお、くれぐれも通話時間には注意してください。長時間のテレセは、無料通話が出来るアプリの活用が基本です。

テレセを選択するメリット

 テレフォンセックス(通称テレセ)には、以下のメリットが存在します。
 第一に、利用場所を選ばないことです。無店舗(インターネット)型のサービスを利用すれば、自宅だろうが、出先だろうが、どこでも好きな場所で相手を募り、行為を楽しむことが出来ます。
 第二に、利用時間を選ばないことです。無店舗(インターネット)型のサービスを利用すれば、システムのメンテナンス時間を除き、24時間365日いつでも自由に行為を楽しめます。
 第三に、匿名で利用できることです。相手に本名を伝える必要はなく、ハンドルネームやニックネームで交流することが出来ます。なかには、それすら不要(知らなくて良い)という人もいます。そのため、隠している性癖を他人に暴露したい願望を持つ人にも、テレセはおすすめ出来るサービスです。
 第四に、妄想次第でいくらでも興奮を倍増できることです。電話先から聞こえてくる声や音からアレやソレを妄想し、自分の中で世界観を確立すれば、実際のセックスでは決して味わえない興奮を得ることが出来ます。
 また中には、上司と部下・教師と生徒・医者と看護師といった関係を前提とした“ごっこ遊び”に興じてくれる人もいます。何かしら願望があるなら、これを前提に相手を探してみましょう。きっと、良いパートナーが見つかるはずです。
 テレセは、実際のセックスの下位互換というイメージが浸透しています。しかし、そのようなことはありません。テレセほど自由度の高いセックスはなく、工夫次第でいくらでも快楽・興奮を底上げすることが出来ます。気になる方は是非、一度お試しください。

元AV女優の私がテレセにハマった理由

 私、若い頃は容姿にものを言わせてAV女優として活躍していました。有り難いことにファンもたくさんいたのですが・・・年齢には勝てませんね。40代も目前になると徐々に体型が崩れてきて、今では普通のオバサン化しています。
 でも、性欲は減らないんですよ。それどころか、年齢が増すごとに欲求が強くなってきて・・・。でも、10歳年上の主人はもう枯れかけ。とても、私の性欲を満たすだけのものがありません。
 はじめは逆援助交際でもしようかとも思いましたが、そこまで裕福な暮らしではないため諦めました。そうして、行きついたのがテレフォンセックス(通称テレセ)です。有料サイトであっても女性は無料で使えるので、重宝しています。
 私いま、あるテレフォンセックスサイトで大人気なんですよ。喘ぎ声がたまらないという理由で(笑)。AV女優時代に身に付けた技で、昨日もある男性をドロドロに溶かしてやりました。
 もちろん、私もドロドロになっちゃうんですけどね。会話がヒートアップするにつれ、大切なところはトロトロのびしょびしょで・・・いつも受話器をギリギリまで近づけて、その音でも相手を楽しませています。
 そうすると、面白いほど反応してくれるんですよ。それで、私はその反応に反応して、さらに燃え上がる。テレセは、波に乗ると相乗効果でどんどん盛り上がるところが面白いんです。
 私のように、性欲を満たしたいけど体を見せることは恥ずかしい女性は、是非とも一度テレセを試してください。実際のセックスには及びませんが、意外とすっきり出来るものですよ。

恋人相手のテレセで大興奮した話

 僕には可愛い彼女がいますが、大学進学と共に県外へ行ってしまい・・・精神的にも肉体的にも寂しい日々を送っていました。しかし、それは彼女も同じだったようで、ある時スカイプ中にこんな提案をされました。
「(僕)君はさ、テレセって知ってる?」
「テレセ・・・って、テレフォンセックスのこと?」
「そう、それ。その、(僕)君が良かったらなんだけどさ・・・」
 彼女の提案は、こうです。通話料金0円のスカイプを活用して、試しにテレセをしてみないか・・・と。お淑やかで性に対して奥ゆかしい彼女からの衝撃的な申し出に、僕の思考は5秒ほど固まりました。
 しかし、そんな彼女の行動にすらムラムラしてしまった僕は、提案を快諾。お互いにまとまった時間を確保して、テレセに挑戦することになりました。
 そうして迎えた、テレセ当日。僕はウェブカメラを持っていないので音声通話のみですることになりましたが、それでも心臓はバクバクでした。実際のセックスをする仲なのに、不思議ですよね。
 会話は・・・お互い妙に緊張していましたね。なんというか、普段とは空気が180度違う感じで。それでも、そこは2年近く交際している仲です。
「触ってみて?」
「触ってるよ・・・(僕)君は?」
「もう痛いくらい。君の声のせいでパンパンだよ」
「そっか〜・・・ふふ、嬉しいな」
 お互いに緊張をほぐしあい、快楽を高め合い、気がつけば3時間もぶっ続けでテレセに没頭していました。
 世間では、テレセ=見知らぬ人と楽しむものというイメージが浸透していますが、彼女持ちの諸君には、是非とも彼女さんとのテレセをおすすめしたいです!実際のセックスでは得られない、なんとも言えない高揚感が癖になりますよ!